コーディネート

おしゃれなお部屋に!最新インテリアトレンド特集

皆さま突然ですがどんなインテリアテイストがお好きでしょうか?

エルちゃん
エルちゃん
「とりあえずカジュアル?」
エルちゃん
エルちゃん
「絶対ナチュラル!」
エルちゃん
エルちゃん
「かっこよくモダンにしたい…でもインダストリアルも気になる!」

という方もいれば、

エルちゃん
エルちゃん
「好きなイメージが漠然としてて、うまく言い表せない!」

という方も多いのではないでしょうか。

さらに、今現在新築のマイホームやリフォームを考えている方、せっかくなら最新トレンドなお家づくりをしたいですよね。

そんな方々に参考にしていただきたい、インテリア全体の最新トレンド情報とカラーのトレンドをいくつかご紹介していきたいと思います。

全体のインテリアトレンド

ONETONE<ワントーンインテリア>

去年よりトレンドが続いている、ホワイト・アイボ リー・ベージュ・ボーンといった少しずつトーンの異なる⽩を重ねて創る「ワントーンパターン」のインテリア。非日常感を演出することができます。

膨張色である白がベースになっているので、空間が明るく・広く感じられます。また、清潔感にあふれ、すっきり爽やかな印象に仕上がります。

ただ色のメリハリがない分、少し寂しい、殺風景な空間になってしまうので、グリーンやアートで差し色を、ファブリックや小物で異なる質感を入れるなど、ちょっとした工夫が必要です。

 ホワイトの壁紙をもっと見る⇒ 

NATURAL<ナチュラルインテリア>

数あるインテリアテイストの中で最もベーシックなジャンル。定番となったこのテイストは、「シンプル」「カフェ」「北欧」「ユニセックス」「手しごと」 などさまざまなニュアンスが付け足され、細分化が進んでいます。

 

木のぬくもりや、観葉植物などのグリーンの瑞々しさを感じるような、安心できるインテリアは、おうち時間を手に入れた私たちの暮らしの中で、今後大いに必要となっていくことでしょう。

ナチュラルテイストの壁紙をもっと見る⇒

MINIMALISM<ミニマリズムインテリア>

「ミニマリスト」という言葉をよく耳にするようになってから数年経ちましたが、インテリアにおいても引き続きトレンドは続いています。モノや色は最小限に、本当に気に入っているモノに囲まれて生活する、シンプルで整頓されながらも、十分満ち足りている、心地よい空間です。

 

「余⽩」のあるインテリアは開放感があり、お気に入りの家具や照明、オブジェなどを引き⽴ててくれます。モノや情報であふれかえっている現代において、「持たない」という選択は上質で⾮⽇常的です。今インテリアのトレンドの大きな流れの傾向として、“非日常的な暮らし”が1つ挙げられます。そこともマッチするのでこれから定番化する可能性すらあります。

また、国連サミットで採択された2030年までに達成すべきSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)、最近雑誌やネットでもよく見かけますし、取り組んでいる企業様も多いですよね。持たない暮らし、どんどん進行していきそうです。

生活スタイルとインテリアは密接な関係がありそうですね。どんな暮らしを送りたいか、そこに合わせてインテリアを整えていくのも1つの方法です。

NEUTRAL<ニュートラルインテリア>

もはや定番である無彩色の”⽩・⿊・グレー”といったニュートラルトーンをベースにしたパターン。どの色も合わせやすく、使い勝手が良いです。ここ最近はグレーのような無彩色が人気でしたが、最近はベージュや生成りのようなあたたかみを感じるカラーの人気が再燃してきています。

明るいグレーやベージュなどのペールトーンでまとめると少しぼやけてしまうこともあるので、黒い小物や家具で引き締めたり、シルバーを用いて洗練された上品な空間を演出したりすることをおすすめします。

また、冬に向けて肌触りの良いファブリックをニュートラルカラーで取り入れるとぬくもりを感じるお部屋に仕上がります。

落ち着いた、静かなモノトーンインテリアは以前から定番化していますが、今後はよりダークトーンも加わったトレンドとなることが予想されています。

ホワイトの壁紙をもっと見る⇒ 

ベージュの壁紙をもっと見る⇒

グレーの壁紙をもっと見る⇒

ブラックの壁紙をもっと見る⇒

MATERIAL DSIGNE<マテリアル系デザイン>

イタリアのミラノで、毎年4月に開催される世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ」(正式名 Salone del Mobile.Milano) で、マテリアルミックスのデザインが紹介され、その後世界的なトレンドとなっています。

「石柄・木目」に代表されるマテリアル系デザインは大注目なデザインです。取り入れやすいインテリアテイストとしては、モダンインテリアにミックスさせたり、インダストリアル感のある無骨な雰囲気や、カフェ風インテリアなど、どちらかというとクールなインテリアとの相性が良いです。

レンガ柄の壁紙をもっと見る⇒

ウッド柄の壁紙をもっと見る⇒

コンクリート柄の壁紙をもっと見る⇒

1 2