コラム

ウイルスや菌、アレルゲンと戦う壁紙

改めてウイルスの恐ろしさを実感した昨今、ウイルス対策に気を遣っている方も多いかと思います。密を回避したり、消毒を徹底したりするなど、行動が変わったのはもちろん、手に取る日用品も、抗ウイルス・抗菌の機能を意識する機会が増えてきました。

そこで皆さん、思い返してみてください。そういえば壁って何か対策していますか?

もちろん、うちは対策してる!という方もいらっしゃると思いますが、

「そういえばまだだった…」「え!気になる!」という方もいらっしゃったのではないでしょうか?

そこで今回は健康面まで意識した、リリカライチ押し、ウイルス・菌・アレルゲンと戦う機能を持つ壁紙をそれぞれご紹介します。

壁面はお部屋の中でも大きな面積を占める場所。だからこそ、衛生面には気を遣いたいところですよね。家にいる時間も長くなっているので、インテリアを楽しみながら同時に健康面に配慮した生活を送ってみませんか?

抗菌性壁紙

まず、壁面の「菌」に対する対策の1つとして、抗菌壁紙をご提案します!

突然ですが、毎日使うトイレやキッチン、どのくらいきれいに掃除できているでしょうか?

便座やキッチンはこまめにお掃除されている方も多いかと思いますが、「壁」までお手入れする方は意外と少ないかもしません。

一説によると、「トイレ洗浄のために水を一度流しただけで、大腸菌が空気中にばらまかれ便器自体にも到達し、最大6時間も浮遊している」とも言われています。その浮遊している菌が壁に接触すると、そこで増殖する可能性もあります。

また、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌も、人間の手指や皮膚に多く存在しますが、その菌のついた手で壁に触り、そのまま放置すると菌は増殖していきます。

この機能の壁紙は、その名の通り、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの「細菌の繁殖を抑制する機能」を付けたものです。

写真は、実際に壁紙の表面に試験菌液を滴下して培養した際のものです。その後の生菌数を比較しました。

このように、菌の数が全く違います。

エルちゃん
エルちゃん
一般ビニル壁紙だと結構増殖してしまう、、、

衛生面に気を遣いたいトイレや洗面所、キッチンなど、また人が多く集まるようなお部屋に是非取り入れてほしい壁紙です。

※抗菌性壁紙の抗菌効果は、壁紙に付着した細菌の増殖を抑制するものであり、感染を直接阻止するものではありません。

抗ウイルス壁紙

脅威的な影響を全世界に及ぼす「ウイルス」。誰もがその恐ろしさを実感しました。

もちろん、「新型コロナウイルス」だけではなく「インフルエンザウイルス」や「ノロウイルス」などまだまだたくさんのウイルスの脅威は続いていきます。

そこでリリカラもウイルスに対抗できる商品を開発し、抗ウイルスの一助になればという思いで、今年「抗ウイルス壁紙」を発売しました。

この壁紙は、A型インフルエンザやネコカリシウイルス(ノロウイルスの代用)などのウイルスを不活化する機能と、併せて細菌の繁殖を抑制する2つの機能がついています。

仕組みは壁紙表面に、抗ウイルス剤と抗菌剤のコーティング層があり、壁紙に付着したウイルスに反応し、ウイルス表層のタンパク質を変質させ、ウイルスを不活化し減少させます。

効果の持続性は、壁紙表面のコーティング剤がある限りは半永久的です。日常のメンテナンスを想定した、水スプレー後のふき取りを20回繰り返した後でも効果が持続しています。

また、使用薬剤も人体には影響のないものを使用しているので安心です。

人が多く集まる場所に取り入れて、是非クリーンな環境づくりにお役立てください。

⇒抗ウイルス壁紙をもっと詳しく見る

※抗ウイルス壁紙は病気の治療や感染の直接的な阻止を目的としたものではありません。 ウイルス自体を分解、忌避する効果はありません。  壁紙表面に付着したウイルスや細菌に効果を発揮します。空気中のウイルスや細菌を吸着したり減少させる効果はありません。  また、全てのウイルスに対して同様の効果が得られるとは限りません。あらかじめご了承ください。

抗アレルゲン壁紙

壁紙最後にご紹介するのは、抗アレルゲン壁紙です。

花粉症をはじめとするアレルギー症状に悩まされている人も多いのではないでしょうか。事実、私もその一人です。

この壁紙はダニの糞や死骸、花粉などのアレルゲンの働きを抑制してくれます。

仕組みは、浮遊しているアレルゲンが壁紙表面に接触することで、壁紙表面に加工している抗アレルゲン剤と反応し、アレルゲンの働きを抑制します。その後、壁紙から離れてもアレルゲンの働きは抑制されたままの状態を保ちます。

また、抗菌効果もあるので、清潔な環境づくりに最適です。

⇒抗アレルゲンの壁紙をもっと詳しく見る

※抗アレルゲン壁紙は、接触したダニやスギ花粉などのアレルゲンを抑制する効果がありますが、これにより室内のアレルゲンを完全に除去することはできません。また、アレルギー体質の改善を保証するものではありません。

いかがでしたか?

どの機能の壁紙も、完全に除去したり、病気を改善したりまではできませんが、予防という観点ではかなり期待が出来そうですね。リフォームを機に、健康的な空間で、快適な暮らしづくりを意識してみてはいかがでしょうか。

 

壁紙選びにこんな悩みがある、こんな特集記事を書いてほしい!など何かご要望がありましたら、是非お声をお聞かせください。リリカラオンラインのサイト上部のお問い合わせフォームや、Instagram・Twitterのコメント欄・DMにて随時受け付けています。